Apple Watchで音楽を聴こう! watchOS 4.1登場前に知っておきたい3つのポイント

皆さんはiPhoneで音楽を聴きますか? 「Apple Music」のメンバーシップを購読していると、多くの曲をストリーミング再生できますよね。端末にダウンロードすれば、通信料を節約して聴くことも可能です。それに、もし未配信の楽曲があっても、iTunesにあれば有料で購入できる。なんとも便利な時代になりました。そんな現在だからこそ、音楽好きならぜひ「Apple Watch」をチェックして欲しい。

Apple Watchが音楽の聴き方を変える――、そうというとやや大げさに聴こえるかも知れません。しかし、Apple Watch Series 3、およびwatchOS 4の登場で使い勝手が格段に向上しているのは事実です。触ればきっと「おっ、これは便利!」と思えるはず。

とは言え、具体的になにが実現できるのかは、想像しづらいものです。そこで本記事では、10月末にリリースされるwatchOS 4.1の新機能も含め、Apple Watchがあると何ができるようになるのか、テーマを音楽に絞ってご紹介します。ぜひ、次ページより解説する3つのポイントを憶えておいてください。

【次ページ】通勤電車で超便利! Apple Watchは最強のリモコンになる

関連するキーワード