わずか15分!火の番入らずの電気圧力鍋でつくった「豚の角煮」がうまい!

煮込み料理や蒸し料理を作るとき、短時間でできてガス代も節約できるのが圧力鍋。「使い方を誤ると爆発するかも!?」と怖くて手がでない方も多いようですが、そんな方におすすめなのが電気圧力鍋。ほどよい圧力で、怖い思いをしないで手軽に煮込み料理が作れます。

今回作ったのは、お酒のおつまみにもおかずにもぴったりな「豚の角煮」。シロカの電気圧力鍋「SP-D121」で作った角煮は、味がしみた本格的な角煮に仕上がりました。通常なら2~3時間かかる調理時間も、たったの15分! ほどよいサイズ感で、特に1人暮らしの方におすすめの電気圧力鍋なのです。

▲シロカの電気圧力鍋「SP-D121」(価格:1万6070円(税込))は、煮込みだけでなく蒸し料理もできます

【次ページ】準備は簡単、材料を入れれば放っておくだけ

関連するキーワード