【検証2017-2018年の注目車④】トヨタ「カムリ」“激変”の裏にある“数の倫理”という強力な武器

“数の論理”という言葉がある。元々は圧倒的な数の多さで意見を通す状態を表す政治用語なのだそうだ。

2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて、国産車で最も上位にランクインしたトヨタ「カムリ」は、まさに“数”がひとつのキーワードとなったクルマだろう。

といっても、圧倒的な数の力で評価を押し上げたという意味ではない。商品としては避けてとおれない“販売台数”の話である。

【次ページ】大胆な変身の中でも守り続けた“セダンの本質”