【レクサス LSターボ試乗】走りで選ぶなら断然ターボ。今後の進化にも期待大:岡崎五朗の眼

11年ぶりのフルモデルチェンジにより、好調なセールスが伝えられるレクサス「LS」。

そんなニューLSに搭載されるパワーユニットは、従来モデルの5リッターV8+モーターのハイブリッドと、4.6リッターV8自然吸気エンジンからダウンサイジングを行い、新たに3.5リッターV6+モーターと、3.5リッターV6ツインターボへと変更された。また、新型LSの開発キーワードのひとつ“エモーショナル”を具現した、躍動感あふれるたたずまいと、感性に訴えかけてくるドライブフィールも注目を集めている。

特に“走り”において新型LSの象徴ともいえるのが、新開発のターボエンジン搭載モデル。今回、公道での試乗が叶ったので、その印象をお伝えしたい。

【次ページ】駆動方式やグレードで走りのキャラクターが異なる

関連するキーワード