世界で銀座店のみ!タグ・ホイヤー「iTAG」が変える時計の購入スタイル

国内外から多くの人々がショッピングに訪れる街、銀座。その中心部を通る銀座中央通りに、スイスの高級時計ブランド、タグ・ホイヤーが世界初のコンセプトブティック「タグ・ホイヤー 銀座 ブティック」をオープンしました。

地上3階、地下1階の中にタグ・ホイヤーの“今”がすべて詰まった店舗は、“モジュラー”をテーマとした新たなブティック・コンセプトを採用しています。その象徴となるのが、今回世界で初めて導入されたディスプレイ什器「iTAG」。

これは、時計のショーケース販売を手掛けるスイスのXavier Dietlin社とタグ・ホイヤー社が共同開発した、ショーケースに収める従来の時計の展示方法を大きく変えるものなのです。

【次ページ】スタッフの接客なしで自由に選べる什器

関連するキーワード