“追いパクチー”は自ら栽培が正解!「超大盛りペヤング」にも入れてみた!

最近のタイ料理人気に欠かせないものといえば…そう、パクチーです。独特の香りと控えめながらも、しっかりと主張する苦みは生理的に全く受け付けないか、中毒レベルでヤミツキになるかの両極端になるほど、好き嫌いがはっきりと分かれます。

▲入手は簡単ですが、しかしパクチー好きにとって入荷次第というのが難点

スーパーや八百屋などで簡単に入手できるようになりましたが、さすがに常時店頭に並ぶというほどではないようで、入荷がない日が続くことも結構多かったりするんですよね。食べたいときにいつでも食べたい、それも量を気にせず好きなだけというならば、やることはただ一つ。自分でパクチー栽培です!

 

【次ページ】パクチーは8日程度で芽吹きます!