【日産ワークス“NISMO”試乗】エコなノートe-POWERの走りがアグレッシブに!

すっかり恒例イベントとなった「ワークスチューニンググループ合同試乗会」。いわゆるメーカー直系のチューナーたちが、自慢の新作を持ち寄るメディア向けの試乗会です。今回も、NISMO(日産自動車)、TRD(トヨタ)、無限(ホンダ)、そしてSTI(SUBARU)の4チューナーが参加しました。

NISMO(ニスモ/ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)は昨2017年、カタログモデルである日産「ノートe-POWER NISMO」のチューニングカーを持ち込んで注目を集めましたが、その「ノートe-POWER NISMO・NISMOパーツ装着車」が今回、新しくなりました。

【次ページ】タイトなコーナーでもグイグイ曲がっていく

関連するキーワード