【ルノー メガーヌR.S.試乗】微細な開発に3年の年月を投じた超辛口のホットモデル

「待ってました!」という人も、多いのではないでしょうか。ルノーファン、スポーツカー愛好家、ホットハッチマニアの皆さま、お待たせしました。ルノー「メガーヌ」の高性能モデル「メガーヌR.S.(ルノー・スポール)」が、ついに日本に上陸しました。

ルノーのモータースポーツ部門であるルノー・スポールの名を冠したメガーヌR.S.も、今回のモデルで3代目。先代モデルはドイツにある市販車開発の聖地、ニュルブルクリンクの北コースにおいて、市販FFモデルの最速タイムをたたき出すなど、超辛口のホットモデルでした。

その血統を受け継ぐ新型R.S.は、果たしてどんなクルマなのでしょうか?

【次ページ】フロントフェンダーは左右合わせて60mmも拡大