【今年の1台=マツダ ロードスター比較試乗】ヒラヒラ軽快なロードスターか、ドッシリした印象のトヨタ86か?

年間を通じて最も優れたクルマを選出する「2015-2016 日本カー・オブ・ザ・イヤー」。栄えある2015年のイヤーカーに選ばれたのは、マツダ「ロードスター」でした。

2015年は、ロードスターが4世代目へと生まれ変わったほか、ホンダから新たに「S660」がデビュー。そして東京モーターショーでは、コンパクトFRスポーツのコンセプトカー、トヨタ「S-FR」が公開されるなど、ライトウエイトスポーツカーが大いに注目を集めた年でした。各モデルが気になって仕方がない、という人も多いのでは?

こうした、ライトウエイトスポーツカーが注目を集める源流となったのは、2012年にデビューしたトヨタ「86」といっても過言ではありません。今の潮流はまさに「スポーツカーを文化にしたい!」と公言してきたトヨタの思惑通り。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここでは、ロードスターの日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞を記念して、ロードスターと86を比較試乗。2台の印象の違いをレポートします。

 ■あれ、86ってこんなにマッチョだった!?

続きを読む