【トヨタ クラウン試乗】15代目が聖地ニュルで走りを鍛えた真相とは?:岡崎五朗の眼

2018年、トヨタを代表するロングセラーモデル「クラウン」が、5年半ぶりにフルモデルチェンジを果たしました

さまざまな“変革”を盛り込んだとして話題の新型クラウンですが、一番の変化は、1955年に初代が誕生して以来、初めて、市販車開発の聖地とされるドイツのサーキット、ニュルブルクリンクで開発を行ったこと、ではないでしょうか。果たしてそこには、どんな狙いがあるのか? モータージャーナリスト岡崎五朗さんと考えます。

【次ページ】自動運転時代を見据えてのニュル詣で!?