波乱の予感!2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー候補車の本当の実力①:岡崎五朗の眼

いよいよ今度の金曜日、2018年12月7日に、2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー(以下、COTY)が決定します。

ノミネート車種は、2017年11月1日から2018年10月31日までに発表または発売され、年間の販売台数が500台以上見込まれる全27台。そのうち、選考委員の投票で選ばれた“10ベストカー”が最終選考へと勝ち残りました。

とはいえ今回は、7月の発売以来、大ヒットを記録し、大本命と目されていたスズキの「ジムニー」&「ジムニーシエラ」が、完成検査に関わる不適切事案を理由に、ノミネート前に辞退を表明。またスバルも、同様の理由から「フォレスター」の“10ベストカー”受賞を辞退することになり、最終選考会は残念ながら、全9台での争いとなりました。

まさに、波乱の様相を呈している今回のCOTYですが、やはり気になるのは、2018-2019“10ベストカー”の本当の実力です。そこで、来たる最終選考会を前に、選考委員を務めるモータージャーナリスト・岡崎五朗氏に、それぞれの魅力などについて改めて解説してもらいました。

前編となる今回は、日本車5台プラス、残念ながら“10ベストカー”受賞を辞退したフォレスターの真価と、現状のCOTYの課題についての考察です(※掲載順は2018-2019COTYのノミネート番号順)。

>>前回の模様はコチラから
ついに決定!2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー。大賞候補車10台の実力を斬る:岡崎五朗の眼

【次ページ】果たしてCOTY辞退は誰のため?