無印良品の「吊るせるケース」が飛行機の座席周りで大活躍でした

旅行や出張で飛行機を使うこと、ありますよね。近年はいろいろと事故が起こったこともあり、スマホやノートPC、モバイルバッテリーなどのリチウムイオンバッテリーは、預け入れではなく機内持ち込みにしなければならなくなりました。

バッテリー系以外にも、機内で音楽を聞くためのイヤホン・ヘッドホンや、国際線の場合はパスポート、入国カード記載用のペンなど、座席周りに置いておいて、すぐに使えるようにしておきたいモノって多かったりします。

これらをバラバラに機内持ち込み用バッグに入れておくと、実は面倒だったりしませんか?飛行機に乗った時のことを考えてみてください。自分の座席に到着すると、まず機内持ち込み用バッグを頭上の荷物入れにしまわなければなりません。前の座席下に置くこともできますが、足元が狭くなったり、何かあった時には動いてしまうので、できるかぎり頭上の荷物入れに入れておくのがベストです。

となると、荷物入れにしまう前にバッグの中から機内で使うモノをひとつひとつ取り出す必要が出てきます。しかし、機内は狭い。後ろからはどんどん人がやってくる。通路で取り出したりしていると、通行のジャマになることもあります。自分の座席が通路側ではなかったりすると、さらに大変。

そんな時、機内で使いたい細々したモノがまとまっていれば便利だと思いませんか? そこで活躍してくれるのが、無印良品の「ポリエステル吊るせるケース着脱ポーチ付」(1590円)です。これに必要なモノを入れておけば、機内でモタモタすることなく、スマートに着席できちゃいますよ。

▲今回は、パスポート、ボールペン、イヤホン、モバイルバッテリー、充電ケーブル、ACアダプタを入れてみた。どれもすぐに使いたいモノばかり

▲容量自体はそこまで大きくないので、すべて入れると結構パツパツに…。でも巻ければ問題なし! 最後に留めるベルトは伸縮式なので、多少膨らんでいてもしっかり留められる。ちなみに収納部分はすべてメッシュになっているので、入れた状態でも中に何が入っているのか分かるのは助かる

【次ページ】取り外し可能なポーチが便利!