【AMG C63 S試乗】爆発的な加速に驚き、M・ベンツならではの優れた基本性能にまた驚く!

スターターボタンを押すと「ズロン!」とV8エンジンが目を覚ます。腹に響く重低音とともに“ワル”のオーラが立ちのぼり…

なんてベタなフレーズをつぶやきたくなるのが、メルセデス・ベンツの「AMG C63 S」。いわずとしれた「Cクラス」の超スポーツバージョンです。

試乗車は、オプションの“ダイヤモンドホワイト”(10万1000円)にペイントされた個体。マットブラックの19インチ鍛造ホイールが足元をググッと引き締め、ホイールのスポークの間からは、赤いブレーキキャリパーが顔をのぞかせます。

もしもC63 Sに異性をエスコートする機会があったなら、「重量物をできるだけ車体の中心に近づけるため、キャリパーはブレーキローターの後ろ側に取り付けてあるんだ」なんていうと、ちょっぴり尊敬されるかもしれません(逆に呆れられるかもしれませんが…)。

ドアを開けると、シートはホワイト&ブラックの派手なコンビネーション(シートヒーター付き)。座面、背もたれの横から張り出すサポートが迫力です。それでいて、素材にはソフトな風合いのナッパレザーが使われています。上手に“硬軟”を使い分けてますねぇ。

気になるお値段は1325万円。コチラもなかなかスペシャルです!

 ■4リッターV8ターボは“エコ”と“パフォーマンス”を両立

続きを読む