“パーソナル空清ファン”で攻勢をかけるダイソン新基軸 #家電最前線

【#家電最前線】

企業戦略から機能性・デザイン性に最新テクノロジーなど、日々革新を続ける白物家電業界から届く新製品を、記者独自の目線によるレポートで紹介。新たなライフスタイルやビジネス視点のヒントを探っていきます。

▼  ▼  ▼

ダイソンが2019年4月17日にパーソナル用途の空気清浄ファン「Dyson Pure Cool Me」を発表し、同日に発売しました。実勢価格は4万円です。

■球体部分の周囲から風が出る仕組み

▲ダイソンが2019年4月17日に発売したパーソナル用途の空気清浄ファン「Dyson Pure Cool Me」(実勢価格4万円)。カラーはホワイト/シルバー、ガンメタル/コッパーに加えて、直販限定のブラック/ニッケルをラインアップ

 

ダイソンは独自の「Air Multiplier」技術を採用する「羽根なし扇風機」と空気清浄機を組み合わせた「Dyson Pure Cool」シリーズを2015年から展開していますが、空気清浄機能付き扇風機のタワーファンおよびテーブルファンの「Dyson Pure Cool」、空気清浄機能付きファンヒーターの「Dyson Pure Hot+Cool」に続いて、いよいよパーソナル向けの小型空気清浄ファンが加わることになりました。

▲左からDyson Pure Coolテーブルファン、Dyson Pure Coolタワーファン、Dyson Pure Hot+Cool、Dyson Pure Cool Me。Dyson Pure Cool Meを除く最新3モデルはWi-Fiを内蔵してスマートフォンアプリによる室内空気環境の可視化や遠隔操作が可能です

 

【次ページ】置き場所の汎用性の高さをアピール