新型「スープラ」の見逃せない事実!“初モノ”4気筒モデルの足さばきは6発を超えてる

17年ぶりに復活したトヨタ「スープラ」には、歴代モデルには存在しなかった“初モノ”が存在する。それこそが、新型のラインナップに加わった4気筒エンジン搭載モデルだ。

340馬力を発生する3リッターの直列6気筒エンジンに対し、2リッターの4気筒ターボは258馬力と197馬力を発生。前者は4気筒モデルのトップグレードである「SZ-R」に、後者はボトムグレード「SZ」に搭載されている。果たして、新型スープラの4気筒モデルは、どんな魅力を秘めたクルマなのだろうか?

【次ページ】トヨタ基準を超えた先に存在する新型スープラ

関連するキーワード