クラフトビール人気で注目度アップの国産ホップ!日本一の産地・岩手県遠野に行ってきた

近年、ビールの消費が落ち込んでいるといわれていますが、その一方で、ビールの主原料であるホップの個性やブルワリーのオリジナリティを楽しむクラフトビールは、20代、30代の若い世代を中心に大人気です。

ホップは海外からの輸入が多いのですが、実は日本でも100年前から栽培されています。

国産ホップ栽培の主要産地は、北海道と東北4県。その中でも日本一のホップ産地が岩手県遠野市。ホップの収穫が取材できると聞き、遠野に出かけてきました。

【次ページ】毎年開催されている「フレッシュホップフェスト」

関連するキーワード