やはりコレが真打ち!「マツダ3」のプレミアムな走りはスカイアクティブXで完結する

デビュー以来、何かと話題を集めているマツダの新型車「マツダ3(スリー)」。息を飲むほど美しいルックスや、上質なインテリア、そして、プラットフォームから一新されたメカニズムと、マツダ3の注目ポイントは多岐にわたります。

とはいえ、このクルマの一番のポイントは、やはり“HCCI(予混合圧縮着火)”という世界初の燃焼方式を実現したエンジン“スカイアクティブX”でしょう。そんな注目のパワーユニットを搭載するマツダ3をひと足先にドライブしたのは、モータージャーナリストの岡崎五朗さん。

世界の自動車メーカーやエンジン研究者たちが“究極の内燃機関”と位置づけながら、技術の壁にはばまれて実用化できずにいた“夢のエンジン”は、果たしてどんなフィーリングなのでしょうか?

【次ページ】“ディーゼル以上”の遮音対策で驚きの静粛性を実現