アジア旅行にポケットサイズのアウトドア財布がやたら便利でした

最近話題のキャッシュレス。徐々にではありますが、日本でも現金を使わずに過ごせるようになった気がします。一方、世界に目を向けると、キャッシュレス化の方向性はさまざま。

アメリカのようにクレジットカードがあればOKな国もあれば、ヨーロッパに多いデビットカード&現金という国も。また中国では、WeChat PayやAlipayといったスマホ決済が急速に普及していたりします。

そして、まだまだ現金がないとはじまらない国もあります。東南アジア諸国では、大都市ならクレジットカードが使えますが、ちょっと地方に行くと現金がないと何もできなかったり。しかもやたら単位が大きくて、両替しただけで札束が手元にやってくる、なんてこともザラ。

そうなると問題になるのが財布です。やたら多いお札に加えて、小銭も入れたい。もちろん念のため、カードも入れておきたい。となると、そこそこの収納力を持つ財布が必要になります。もちろん盗難対策といった防犯面も考えなければいけない。

今回、1ルピア=0.0075円という“お札いっぱいになる国”インドネシアに行くことになり、この「財布どうするか問題」に直面しました。考えられる要件は5つ。

1. 軽い(中身が多くなるため財布は軽い方がいい)

2. 小さい(すぐに取り出せるようポケットに入れたいので)

3. お札&小銭をけっこう入れられる

4. お札&小銭を取り出しやすい

5. 防犯対策

まずは最近流行りの小さい財布から検討してみましたが、やはり収納力という面で厳しい。かといって、札入れを持ち歩くなんてナンセンス。そもそもポケットに入らないし。

いろいろと脳内シミュレーションしてみた結果、「もしかしてこれ、中学生の頃に使っていた“ペリペリ財布”がいいんじゃね?」という案が浮上してきました。

その方向性で探してみた結果、発見したのがアウトドアブランド、PaaGo WORKSの「TRAIL BANK - M」(3200円/税別)という財布です。これがまぁ使いやすかったんですよ。いったいどう使いやすかったのか、上に挙げた要件をもとに、詳細をご紹介します。

 

【次ページ】軽快に持てるのがイイ!