【VW ゴルフ クラブスポーツ試乗】特別なGTIは迫力満点!走りは望外に快適

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI クラブスポーツ トラックエディション

「スポーツタイプのクルマなので、皆さんかなりハードに乗られているようでして…」。そうおっしゃったのはフォルクスワーゲンの人。苦笑いとともに「タイヤの状態があまり良くないんです」という言葉が続きました。

なるほど確かに、フロントタイヤのショルダー部分はほとんど溝がなくなっている。「いかにもハイパワーFF車らしい減り方ですね。ドライバーの方は、アンダーステアを出しながらコーナリングを頑張ったのでしょう」と知ったかぶりしようかと思いましたが、恥ずかしいのでやめました。

今回ドライブしたのは、フォルクスワーゲン「ゴルフ GTI クラブスポーツ トラックエディション」。うーん、ルノー・スポールやマツダスピードのクルマに負けず劣らず、車名が長い! その名のとおり、ゴルフのハイパフォーマンスグレード(=GTI)の、特別仕様(=クラブスポーツ)の、ハード寄りなバージョン(=トラックエディション)です。

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI クラブスポーツ トラックエディション

もう少し具体的に紹介すると、FFスポーツたるゴルフGTIの足まわりを硬め、4WDのトラクションに合わせて開発された「ゴルフR」用のハイパワーエンジンを少々デチューンして搭載したモデル。しかも、“ストリート”(街乗り)ならぬ“トラック”(競技)エディションですから、かなりハードなドライブフィールが予想されます。まぁこの予想は、あっさりと覆されるのですが…。

日本市場では400台の限定販売(ピュアホワイト:200台/カーボンスチールグレーメタリック:200台)となり、価格は469万9000円。トップ・オブ・ゴルフの4駆モデル=ゴルフR(DSG)より80万円お安く、伝統輝くスポーツバージョン=GTI(DSG)と比較して70万円お高いプライス設定。ゴルフ GTI クラブスポーツ トラックエディションの、モデルヒエラルヒーにおける立ち位置が、プライスタグに分かりやすく表れています。

 ■構えて走り始めたら…予想外に乗り心地良好!

続きを読む