【ロードスター NR-A試乗】足とボディが絶品!レースに出なくてもコレは買い

マツダ ロードスター NR-A

Ready to Race(レディ・トゥ・レース)。喧嘩上等ならぬ、レーストラックでバトルするために仕立てられたマツダ「ロードスター」が「ロードスター NR-A」。

手軽にモータースポーツを楽しめるよう、メーカーであるマツダ自らが仕様を最適化して設定した異色のグレード。エンジンこそドノーマルであるものの、ボディ剛性が引き上げられ、サスペンションやブレーキも強化されています。

最大のポイントは価格。264万6000円。モータースポーツ向けのベース車両で装備が質素とはいえ、このプライスはとてもリーズナブルです!

ところで皆さんは、「サンデーレーサー」って言葉、聞いたことありますか? 休みの日にサーキット走行を楽しむアマチュアドライバーのこと。普段使いしている愛車に必要最小限の装備(大抵は安全装備)をプラスして走る人もいれば、サーキットを走るためのクルマを別途、用意している人もいます。

サンデーレーサーにとっては実のところ、クルマなんて楽しめればなんだって構わないのです。とはいえ唐突ですが、ここで宮本武蔵の唱えた習得論が活きてきます。

「実践を通じて技術を磨く」。この場合、剣の道ではなくサーキットトラック上ですが、走れば走るほどドライバーのスキルもアップするというものです。その上達に応え、次の習得すべき課題を見せてくれて、ラップタイムまで削ってくれる…。となると、クルマはなんだっていい、わけはありません。ロードスター NR-Aこそ、まさにベストな1台なのですね。

でも今回のレポートは、NR-Aでサーキット道を極めるという話ではなく、そんなNR-Aを日常使いしてみたらどうか? がテーマ。早速、出掛けてみましょう。

マツダ ロードスター NR-A

 <関連記事>
 【検証2015年の注目車】マツダ「ロードスター」の新星、RSの走りは本物か?
 ロードスターの核心・マツダ 山本修弘(1)問い続けるスポーツカーの理想
 【オトナの社会科見学】開発陣の理想をカタチに!マツダ ロードスター“工房”探訪

 ■骨格の要であるPPFも強化済み

続きを読む