【マツダ 新型デミオ試乗】走り始めた瞬間に進化を実感。静粛性アップでより快適に

「クラス概念を打ち破る」を開発コンセプトに掲げ、2014年にデビューを飾った現行型のマツダ「デミオ」。車体サイズで分類するならコンパクトカーではありますが、洗練された内外装デザインや充実した装備など、いわゆる“ベーシックカー”とは趣を異にする存在として注目を集めています。

そんなデミオですが、2015年末に続き、2016年10月に再び、商品改良を実施しました。ハイブリッド車全盛の昨今ですが、日本国内向けの小型車として約10年ぶりにディーゼルエンジンを採用するなど、新たな取り組みにも積極的なマツダの個性派コンパクトは、今回の改良で何が変わったのでしょうか? 最新のディーゼルモデルをドライブし、その進化をチェックしました。

■吸音材の多用で静粛性が増したスカイアクティブ-D

続きを読む