【プジョー 3008試乗】これは売れそう!プジョーらしい走りのキレとSUVスタイルが融合

「日本への導入当初は、年間200台ほど売れていましたが、モデル末期には月10台程度のセールスになってしまいました…」というのは、プジョー・シトロエン・ジャポンのスタッフの方。プジョーのクロスオーバーSUVである初代「3008」についての話です。

今や“先代”となった3008のワールドデビューは、2009年のジュネーブモーターショー。翌年には日本での販売も始まりましたが、まあハッキリいって「鳴かず、飛ばず」。ガイシャを見る機会の多い都内でも、旧3008の歯をむき出しにしたかのようなユニークなマスクを見かけることは、めったにありませんでした。

月10台でも年間では3桁に達しますから、(失礼ながら)「意外に売れたんだなぁ」と変に感心してしまった次第。国内ではある種、貴重なクルマですから、オーナーの方はどうぞ、大切に乗ってあげてください。

いまひとつ存在感を示せなかった初代の3008ですが、今回のニューモデル登場に当たり、インポーターであえるプジョー・シトロエン・ジャポンでは「年間1000台を売りたい!」と鼻息を荒くしています。「いきなり強気に出たな」と思わないでもありませんが、新しい3008の実車を前にすると、「あながち希望的観測でもないな」と感じさせられます。プジョーの新型SUVは、内外ともにググッと魅力が増しているのです。栄えある“ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー 2017”受賞の栄光は、伊達ではありません。

【次ページ】プジョーが好敵手に位置づけるのはVW「ティグアン」