先進機能をフル活用できるハイスペックスマホ3選【2019上半期ベストバイ】

【2019上半期ベストバイ】

ここ数年、カメラ機能を筆頭に高機能化が著しいスマートフォン。その分、端末価格も高くなり、10万円オーバーのモデルまで出てきたが、これらには納得できるだけの価値が備わっている。隙のないハイスペックモデルなら、3年先まで戦える!

 

■高価だが数年先まで上位機でいられる

今年も各キャリアから夏モデルが発表され、続々と新作スマホが登場。高性能化が一層進んでいるが、気になるのはその価格だ。高価なものでは端末価格が10万円前後にもなる。しかし、これらハイスペックモデルには「価格に納得できる理由がある」とケータイジャーナリストの石野純也さんは話す。

「例えばカメラ機能であれば、トリプルレンズを搭載して超広角や望遠での撮影も可能となり、解像度もそれぞれ1000万画素以上。コンデジ代わりとして十分なだけでなく、AIによる画質調整などプラスαの機能も備わっています」

 

【次ページ】ケータイの達人が認めたハイスペックモデル