思わず息を飲む解像感!最強ミラーレス一眼「α7R Ⅲ」いよいよ発売

ミラーレスデジカメとしては世界で初めてフルサイズセンサーを搭載したソニー「α7」「α7R」が発売されたのは2013年11月。中でも上位モデルである「α7R」は、ミラーレスらしいコンパクトなボディにも関わらず、3640万画素のローパスレスフルサイズセンサーによる高い解像度を実現して、大きなインパクトを残しました。

それから4年目となる今年、いよいよ3代目が登場します。11月25日発売予定の「α7R Ⅲ」は、初代から大きく進化を遂げた「α7R Ⅱ」をさらにブラッシュアップ。高解像と高速連写機能を両立した、期待通りの超高性能カメラになっています。

【次ページ】撮りたい一瞬を逃さない機能を満載