アジアで大人気! OPPOの“カメラフォン”を使ってみた!

アジアNo.1の市場シェアを誇るスマホブランド・OPPO(オッポ)が、1月31日に「日本市場参入記者発表会」を開催しました。

▲中央がOPPO Japanの代表取締役・鄧宇辰氏で、その左が取締役の河野謙三氏。右はゲストとして登壇し、R11sで撮った写真を披露した写真家の角田修一氏

OPPOは、2004年に中国で設立されたメーカーで、2008年からモバイル市場に参入。2011年からスマホをリリースしています、それから5年後の2016年には年間出荷台数が1億台を突破し、中国市場で首位を獲得。現在は世界30か国に展開し、グローバルの市場シェアで第4位になるほど、急成長を遂げているメーカーです。

 

【次ページ】カメラ機能に注力した「R11s」を発売!

関連するキーワード