フィルムに眠ってる思い出はデータに残しておきたいですよね

いまや写真はデジタルが当たり前ですが、かつては35mmフィルムが主流の時代がありました。押入れの奥に、思い出の詰まったフィルムが大量に眠っている…という人も多いのでは。もちろん、今でも好んで一眼レフカメラなどでフィルム撮影をしている人もいるでしょう。

そんなフィルムをデータ化して残したいと思いつつ、「でも、写真専門店でデータ化するとコストがかさむし、自宅でデータ化するとなるとパソコン作業が面倒だし…」というなら、ケンコー・トキナーの「フィルムスキャナーKFS-1490」(想定販売価格1万9000円前後/税別)がオススメです。パソコンを使わずます。手軽に35mmフィルムをデジタル化できますよ。

【次ページ】液晶モニターで画像を見ながら露出補正もできる