【速報】マツダのロータリーエンジン復活へ、その名もSKYACTIV-R!

モーターショー開幕前夜、マツダのオフィシャルコメントが摩天楼の空を揺るがした。噂は本当だったのだ。

マツダのロータリーエンジンが復活へ。その名も「SKYACTIV-R(スカイアクティブアール)」!

明日10月28日のプレスカンファレンスでワールドプレミアとなる「マツダスポーツコンセプト」に搭載されるのは、マツダの魂ともいうべきロータリーエンジン。

マツダの「魂動(こどう)デザイン」を導いた、デザイン執行役員の前田育男氏がどうしてもやりたかったというスポーツクーペに積まれて華々しく復活を飾る。

新型ロータリーエンジンを搭載するスポーツクーペをチラ見せするデザイン執行役員の前田育男氏。モニターに映された画像はこれまで発表されていない角度のもの。サービス精神旺盛!

新型ロータリーエンジンを搭載するスポーツクーペをチラ見せするデザイン執行役員の前田育男氏。モニターに映された画像は、これまで発表されていない角度のもの。サービス精神旺盛!

マツダの代名詞ともいうべきロータリーエンジンと、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの魂動デザインの融合は、日本の、いや世界のスポーツカー史に刻まれるクルマへと結実するはず。

詳細は、10月28日8時30分に始まる、マツダのプレスカンファレンスで発表される。これは注目です!

(文・写真/ブンタ)

関連するキーワード