”今”だからこそ必要な機能を備える「最新レコードプレーヤー」のスペックとは

巷では既に“密かな”を超えた人気となっている古(いにしえ)の音源・レコード。アナログならではの温かみと奥の深さを感じさせるサウンドは、ストリーミング配信全盛の現在だからこそ大きな注目を集めることになったのかもしれません。

日本の音響ブランド・Denon(デノン)が発表した「DP-400」(5万8000円/税別)と「DP-450USB」(7万円/税別)は、シンプルかつ現代的なデザインとレコードからのサウンドを高音質で再現してくれるハイスペックを併せ持ったレコードプレーヤーです。

▲(左)「DP-400」、(右)「DP-450USB」

【次ページ】レコードのデジタルデータ化にも対応