ちょっとカメラっぽい?幻の時計が復活

日本のデザインウォッチブランド・TACS(タックス)が2016年に発表した「LENSシリーズ」は、クラシックカメラのようなギミックを表現したダイヤルデザインが特徴の腕時計。中でも初代モデル「VINTAGE LENS AUTOMATIC」は、発売開始からわずか2日で完売したことから “幻のモデル” と呼ばれています。

この初代モデルが、2年の歳月を経て待望の復活!「VINTAGE LENS AUTOMATIC Ⅱ」(5万9400円)は、ムーブメントだけでなく組み立てに至るまで、すべてが日本国内で行われている“完全メイドインジャパン”の腕時計です。

【次ページ】TACS初の自動巻きハイエンドモデル