暗闇の中、半球体の文字盤に現れるのはまさに火星!

人類が月へと降り立ったのは1969年。それから半世紀経った今、地球に近い惑星である火星や金星の調査は続いていますが、今だ人類の着陸は実現していません。ここへ来て、2017年にNASAが発表したのは、2030年代に火星への人類初の到達を目指すプロジェクト。いよいよ、火星へ降り立つ日が現実味を帯びてきました。

そんな火星への強い憧れから、火星をモチーフにした腕時計の開発を始めた人たちがいます。クラウドファンディング・Kibidangoでプロジェクト準備中の「Mars Mission Watch」とは、どんな腕時計でしょうか?

【次ページ】時計の中央に火星を置いた斬新なデザイン