特殊合金を纏ったドイツ製フライパンでオーバーヒートの心配なし!

コーティングフライパンは食材がくっつかない便利なアイテムですが、高温で使いすぎるとコーティングが劣化してしまうのが弱点です。特に、加熱スピードが速く熱効率に優れたIHは火力を強めると思ったよりも温度が上がりすぎてしまい、フライパンの寿命を縮めてしまいがちなんですね。

そこで生まれたのが、オーバーヒートを防いでくれる画期的な「Schulte-Ufer Magicai(シュルテウーファー マジカアイ)・IH専用フライパン」。ユーロキッチンかさいが販売するドイツ生まれのこのフライパンは、特殊合金を用いることで、230℃以上に温度が上がらない驚きの仕組みなんです。

【次ページ】どんな料理も160℃から230℃の適温で調理できる