405馬力の強心臓を獲得!先端技術満載で“らしさ”が戻った日産「スカイライン」の実力

日産自動車のスポーツセダン「スカイライン」が、ビッグマイナーチェンジでデザインを一新。併せて、メカニズム面にも新たな機構が導入され、注目度満点の1台となりました。

中でも見逃せないのは、同一車線内での“ハンズオフ”、つまり、ハンドルから手を離した状態での運転をサポートする機能“プロパイロット2.0”の採用。果たして、先進装備が満載の新型スカイラインは、どんな魅力を秘めたクルマなのでしょうか?

【次ページ】スカイラインならではの丸目4灯リアランプが復活