“越乃寒梅”45年ぶりの新銘柄が誕生!

20160615_koshinokanbai00-1

「日本酒はあまり詳しくなくて…」という人でも、この名前は聞いたことがあるだろう。酒づくりに適した豊富な良水と低温環境に恵まれ、江戸時代から梅の名産地として名を馳せていた新潟県の亀田郷が「越乃寒梅」の故郷だ。“幻の酒”として有名になった「越乃寒梅」だが、蔵元である石本酒造の酒造りへのこだわりは、今も昔も変わらない。

そんな越乃寒梅から45年ぶりに新銘柄、純米吟醸【灑-sai-】が発売された。

控えめながら芯のある清々しい味わい

続きを読む

関連するキーワード