空力性能を追求し、ドライバーに優しい操作性を実現。「最強・最速のGT-R」発進!

日産 GT-R ニスモ

レース向けに開発されたターボチャージャーを装備し、600馬力の最高出力を誇る“スペシャルな「GT-R」”。それが、スポーツカー開発の聖地とも呼ばれるドイツのニュルブルクリンクで、量産市販車最速となる7分8秒679というタイムを記録したことでも有名な、日産「GT-R ニスモ」です。

開発を手掛けるのは、日産のモータースポーツ活動を担ってきたニスモ。まさに、レースの世界で培った技術をフィードバックして走行性能を高めた、文字どおりのフラッグシップマシンです。

そんな、GT-Rニスモの2017年モデルが発売されました。ここでは、日本が世界に誇るスーパーカー、その最新型の“進化の真価”を検証したいと思います。


<関連記事>
試乗】5年分の進化は絶大!ニスモ GT-Rの走りにプロも太鼓判


 ■電子制御式ショックアブソーバーはニスモ専用チューニング

続きを読む