ドローンはどうなる?最先端はここまで来た「国際ドローン展」

地上を移動するよりも物理的な制約が少なく、遠隔操作できるドローンは、人が近づけない場所にもブ〜〜〜ンと飛んでいける。そのため、良い意味でも悪い意味でも何かと話題だ。

最近では御嶽山や桜島など、火山が噴火した際や、ネパールの大地震でも、ドローンが撮った、上空からの映像が日本中/世界中に流れた。これまで軍事用や農業など、限られた領域でしか使われていなかったドローンは、災害調査をはじめ、警備や建設、インフラ点検などさまざまな分野で活躍し始めているのだ。

そんなドローンを開発する企業が集まり、5月に開催されたのが「国際ドローン展」。今一番アツい会場で、注目を集めていた数々の機体を紹介していこう。 続きを読む