アーティストたちに愛されたアンプがコンパクトな自宅サイズに!

JC-22

ローランドはシンセサイザーなどの電子楽器で知られる日本を代表する楽器メーカーだ。

そのローランドが1975年に発売したギターアンプ・JC(ジャズ・コーラス)は、透明感ある音色が“JCクリーン”と呼ばれ、数々のアーティストに愛されるとともに、クリーン・アンプの代名詞となっている。

そんな伝統のサウンドを、マイルーム・サイズに凝縮したモデルが「JC-22」だ。ひと目でジャズ・コーラスと分かる普遍的なデザインを継承しつつ、30Wのコンパクトサイズに仕上げている。

■独特のサウンドの秘密は “空間合成コーラス”

続きを読む