すべて300万以下!手が届くヘリテージ&ヤングタイマーな中古車8台【AUTOMOBILE COUNCIL 2017】

子供の頃に憧れたクルマ、免許を取ってから乗りたいと思ったけれど手が届かなかったクルマ…。今、ヘリテージカーやヤングタイマー(ネオクラシックカー)と呼ばれるクルマたちがブームです。子供が独り立ちし、ミニバンやスライドドアの軽自動車じゃなくてもよくなった人たちが昔乗りたくても乗れなかったクルマを選んでいるのがブームの本流ですが、ファッション感度の高い人たちが、「今どきのクルマが自分のファッションやライフスタイルに合わない」と、1980年~90年代のモデルを選ぶ流れも生まれています。

ただこれらは新車のように「定価」がないため、どのくらいの予算で手に入るかわからないのが怖いところ。本当に希少なヴィンテージモデルだと数千万円の値が付くことも珍しくないですからね。

8月4日~6日に、千葉県の幕張メッセで「AUTOMOBILE COUNCIL 2017」(オートモビルカウンシル)というイベントが開催されました。名だたるヴィンテージカー専門店が自社で扱うクルマを展示するのですが、実は展示車両=販売車両になっていて、その場で商談~契約ができるのが大きな特徴。今回は「AUTOMOBILE COUNCIL 2017」会場で、私たちでも手に入れることができそうなクルマを探してきました。合わせて大手中古車サイト「カーセンサーnet」での2017年8月6日時点の中古車相場と流通量も調べてみました。

 

【次ページ】価格帯別に一気に紹介!