【日産 リーフ試乗】未来のクルマの姿を実感!航続距離が伸びて実用性もアップ

アクセルペダルを踏み込んだとたん、蹴飛ばされるかのように、それでいてシルキースムーズな加速が始まる。ヒーンというかすかな高周波音を耳にしながら「この瞬間が“未来”だよね」と思うわけです。

日産自動車の誇る5人乗りEV(電気自動車)「リーフ」がモデルチェンジしました。一番のトピックは、姿カタチが変わったこと。先代リーフの、とらえどころのない脱力系デザインから、ヨーロッパで販売されている「マイクラ」にも通じる、ソリッドなスタイルに。旧型最大の欠点は“カッコ悪いこと”でした(←個人の感想です)から、ピュアEVを愛車にしようと考えている人には朗報です。

【次ページ】気になる航続距離はカタログ値の7掛けくらい