ハンドドリップの腕を上げる“IoTなコーヒーシステム”を試してみた!

自分で淹れたコーヒーは美味しい、人が淹れたコーヒーはもっと美味しい。でも、もっともっと美味しく淹れるには、を考えたら「誰かに教わる」に行き着きました。その誰かがAIだとしたら――。

普段何となく「こんな感じ?」と、自己流でコーヒーを淹れている人にこそ知っていただきたいのが、ハンドドリップの正しい淹れ方。ドリップコーヒーを淹れる抽出器具、ドリッパーは数多のメーカーからさまざまな形状・材質のものが発売されています。そのため、本来であればドリッパーそれぞれの特性を知り、パフォーマンスを最大限に引き出す淹れ方がベストですが、マスターするのに知識と経験が必要です。まずそこでひと苦労するはず。そもそも誰も教えてくれないし。

そんな向上心はあるけどスキルを取得するための方法が分からない、という人にオススメしたいのが、正しいコーヒーを淹れるためのIoTシステム「Quality Control System(クオリティコントロールシステム)」です。

【次ページ】ハンドドリップの湯量・蒸らし時間をアプリで確認できる