It’s LOADMATIC~側にあるだけで…♪ 昭和の国産メカニカルを愛用してみた!

<安価機械式「チプメカ」マニアの1万円以下腕時計購入記>

前回に続いて今回も懐かしき昭和のメカニカル腕時計を「ヤフオク!」で落札しました。今回はシチズンではなくセイコーのオールド腕時計「LOADMATIC(ロードマチック)」です。

この「セイコーロードマチック」という言葉の響きに、「懐かしい…」と思われるご年配の方も多いのではないでしょうか。その歴史を紐解くと、今年でちょうど生誕から50周年! 1968年から販売開始して’70年代半ばにかけて、ビジネスマンを中心にとてもよく売れた腕時計で、クオーツショックによって国産メカニカル腕時計が淘汰されるまで、さまざまな形状&カラーのバリエーションで発売されました。「ヤフオク!」で検索してみても(一時期に比べれば減少した感はありますが)タマ数は豊富です。

“56系”と呼ばれる自動巻きの名ムーブメントが使われていて、コチラは振動数を変えてキングセイコーやグランドセイコーなど、高級ランクの腕時計にも使用されていました。
 

【次ページ】腕時計趣味にハマるきっかけとなった56LM