ガソリンも灯油も軽油もOK!MSR「ドラゴンフライ」【アウトドア銘品図鑑】

根強い人気がある分離型ガソリンバーナー。その歴史を切り開いてきたのがMSRです。1973年に世界初の分離型ガソリンストーブを発表して以来、今もその赤いボトルは信頼の証。

現在は、過酷な環境向けの「XGK EX」(2万4000円/税抜)、軽量モデルの「ウィスパーライトインターナショナル」(1万5000円/税抜)と白ガス専用設計の「ウィスパーライト」(1万3500円/税抜)、そして大型五徳を持ち煮込み料理からスピーディーな融雪まで幅広く使える「ドラゴンフライ」(2万1000円/税抜)の4機種がラインナップされています。

【次ページ】革新機能をひっさげ、歴史に名を刻んだ1台