話題の大人気缶詰を使って時短&美味しい「サバ缶カレー」【ソトメシのススメ】

安くて栄養たっぷり、しかも抜群においしいと話題のサバ缶。その人気ぶりはすさまじく、サバの漁獲量が追いつかず、売り切れ店が出るほど。

サバ缶は、缶を開けてそのまま食べてもいいですし、ツナよりも濃厚なおいしさでアレンジもしやすい。山形あたりではそうめんのつけ汁に加えたりするとか。みそ煮、レモンバジル味などいろいろな味付けの缶詰があり、なかでも水煮はシンプルな味付けで使い勝手良好です。

そんな人気者のサバ缶(水煮)を使い、夏の定番料理=カレーを作ってみました。
缶詰だから、いつもの肉や魚介よりも煮込み時間は短くてOK。燃料の節約になります。それに、サバはちょっと匂いが強め。サバ缶によっては匂いが気になるのですが、特有の匂いはスパイスの力で封印できるというメリットも見逃せません。

【次ページ】気になる匂いはスパイスで紛れちゃう