【ベンツ Eクラスクーペ試乗】SUV全盛の今、あえて2ドアクーペを選ぶ価値って何?

メルセデス・ベンツ「Eクラスクーペ」のステアリングホイールを握りながら、「うーむ、これは難しいなぁ…」と考えてしまったわけです。「仮に今、自分がこのクルマを『売れ!』といわれたら、ちょっと困っちゃうかも」と。

いや、クルマそのものは素晴らしいんです。メルセデスらしい上品なスタイル、華やかで品の良いインテリア、そして骨太な走り。いずれも「文句なし!」といっていいと思います。

ただ、内燃機関を使った自動車が実用的な移動手段として一応の完成を見てからこっち、クルマの価値は“トレンド”とか“流行”とか“人気”とか、いずれも同じような意味ですが、そういったものにドンドン左右されるようになってきています。かつてクーペが代表していた“オシャレ”属性は、今やSUVに奪われた感があり、「ちょっと人とは違う」、「私らしさ」、そして「最先端な感じ」が欲しい人は、SUVに手を伸ばしがち。一方の自動車メーカーは、現在、上から下まで「何はともあれSUVを!」な状況です。

SUVもいいけれど、それ一色になるのは、守旧派のクルマ好き(←ワタシのことです)としては、ちょっと残念。流麗なルーフラインを持つ2枚ドアのクーペ、カッコいいんですけどね! 今回の試乗を通じて、その魅力を再発見しました。

【次ページ】新世代メルセデスの流儀に従った優美なエクステリア