【マツダ アテンザ試乗】ここまでやるか?6年目の大改良にマツダの本気を垣間見た

ここ数年、ブランドイメージが急激にアップした自動車メーカーといえば、誰もが認めるのがマツダだろう。

“スカイアクティブ”と名づけられた先進技術を搭載した先代「CX-5」に始まる快進撃は、洗練された“魂動デザイン”とともに多くのファンを獲得し続けている。

今回紹介する「アテンザ」は、そんなマツダのフラッグシップセダン&ワゴン。現行モデルが登場したのは2012年11月で、もうすぐ6年が経過するから、一般的にはそろそろフルモデルチェンジのウワサが聞こえてきてもいい頃…と思っていたら、先頃、大幅改良が施されたのだ。

【次ページ】コスト上昇をいとわずインテリアを大幅刷新