【ホンダ クラリティPHEV試乗】モーターだけで114.6kmも走るEVのようなハイブリッド車

EV(電気自動車)の時代がやってくるのか? はたまた燃料電池か? それとも、PHEV(プラグインハイブリッドカー)が主導権を握るのか?

正直なところ、次世代エコカーの主流が何になるのか、その時になってみないと誰にも分からない。マスメディアは盛んに「EV時代の到来」をアピールしているが、確かに、EVが増えていくことは間違いないが、現在のガソリン車やディーゼル車のように、主流になるかは不透明だ。

EVにとって最大のネックは、充電に時間がかかること。もしかしたら利便性の高さでは、水素を補充して走る燃料電池車の方が、ブレイクするかもしれないし、多くのクルマがPHEVとなり、エンジンを搭載するクルマが今後も主役に座る可能性もある。

前置きが多少長くなったが、ホンダ「クラリティ」にPHEV使用が追加されたので、早速試乗してきた。

【次ページ】ひとつの車体で3タイプのパワートレインに対応