ル・マン優勝の787Bに感涙!“1日限りのテーマパーク”でマツダの魅力を再発見

注目度の高い自動車メーカーと聞いて、マツダを思い浮かべる方も多いことでしょう。日本を代表するスポーツカーとなった「ロードスター」はもちろん、「CX-5」や「CX-8」といったSUVのヒットを受け、ここへきてマツダ車の魅力を知ったというオーナーも少なくないのでは?

そんなマツダファンに向けて定期的に開催されているブランド体験イベントが「Be a driver.Experience」。9月23日には静岡県の富士スピードウェイで大規模な「Be a driver.Experience at FUJI SPEEDWAY」が開催されました。

「人とクルマの絆を、もっともっと深くする」をテーマに掲げる「Be a driver.Experience」ですが、富士スピードウェイでの開催は2016年に次いで今回が2回目。広大な敷地を誇るサーキットは、日本各地から訪れたマツダ車とマツダ車ファンで埋め尽くされました。

【次ページ】滅多に見られないマツダのお宝モデルが多数登場