【日産 フェアレディZ試乗】間もなく誕生10周年!古典的スポーツカーの魅力は健在

“十年ひと昔”といいますが、近年の自動車業界は時間の流れがちょっと早すぎるような気がします。

確かに、モデルチェンジのサイクルは長くなる傾向にありますが、一方で、技術面の進歩は著しく、街中を見ればハイブリッドカーが当たり前。プラグインハイブリッド車や電気自動車も珍しくなくなり、自動ブレーキを始めとする運転支援システムも急速に普及しています。

ここに紹介する日産「フェアレディZ」の現行モデルがデビューしたのは、2008年末のこと。間もなくデビューから10年。時間の経過だけを見れば、ひと昔前のクルマになりつつあります。でも「魅力は失われてしまったか?」と問われれば、そんなことはありません。久しぶりにドライブしたフェアレディZのたたずまいや走りには、スポーツカーならではの色あせない魅力があるということに、改めて気づかされたのでした。

【次ページ】フェアレディZ NISMOは355馬力を発生!

関連するキーワード