機内や旅先で活躍!機内持ち込みバッグは「大きめトートバッグ」に落ち着きました

<&GP編集部員が買ってみた!使ってみた!>

20代の頃は大きなザックに荷物を詰め込んで海外に出掛けていました。バックパッカーではなかったのですが、一度どこかに出掛けると1カ所に滞在するのがもったいなくて、1日2日滞在すると次の街に移動という旅ばかり。

しかし最近は、ひとつの都市に滞在してその街を堪能する楽しさも知りました。そうなると、これまでとは違い同じ宿に何泊もすることになります。そこで気付いたんです。別にザックじゃなくてもいいんじゃないかと。

そして持ち出したのがスーツケース。もう15年も前にがんばって購入したリモワを押し入れの奥から引っ張り出してみました。すると、TSAロックは付いてないわ(当然)、ハンドルがグラグラだわ、角のガードはカパカパしてるわ…。最後に使ったのは、カメラ機材満載で向かったパリだったような…。その時にかなり酷使したような…。

こりゃ旅先で壊れる可能性が高いぞ。ということで15年ぶりにスーツケースを新調しました。無印良品のハードケースです。最近のモノは軽いうえにいろいろと使い勝手がイイ! そんなにたくさん買い物するつもりはないけれど、なんだかこれ持っていけば旅っぽくなるんじゃないかと(笑)。

そして次に考えたのが機内持ち込み用のバッグ。これまで、機内では寝るだけだったのでほぼ手ぶら状態だったのですが、せっかくならいろいろ持ち込んでみようと。せっかくの旅っぽい?旅ですからね。それに、機内持ち込みバッグに入れた荷物を担いで歩き回るわけじゃないですし。移動時だけなら、多少荷物が多くてもいいのではないかと。

 

【次ページ】トートバッグにした4つの理由