【スズキ バーグマン400試乗】400ccエンジンの力強さが光るビッグスクーターの進化形

スズキの「バーグマン400 ABS」は、ある意味、21世紀ニッポンの“ビジネスパーソンズ・エクスプレス”かも…てなことをいうと、「エッ!? それってビッグスクーターじゃないの?」と、眉を曇らせる人がいるかもしれません。

もう10年ほど前のことになりましょうか。250cc、400ccクラスのスクーターが、日本の路上を席巻していた時代がありました。ブームが爛熟(らんじゅく)すると、ボディを大幅に改造し、爆音をとどろかせて走る輩も出現、良民の顰蹙(ひんしゅく)をかっていたものです。その上、多くのスクーターがリアシートに半ヘル(ハーフヘルメット)女子を乗せていて、うーん、ウラヤマシイ…。

【次ページ】かつての印象を一変させるスポーティスタイル