「マツダ3」は走りもいいね!①分かりやすさを捨て滑らかで自然なフットワークを実現

2019年を代表する日本車となりそうな「マツダ3(スリー)」。

同クラスのマツダ車といえば、これまでは「アクセラ」というモデルがラインナップされていた。マツダ3は実質的に、アクセラの後継モデルだが、ネーミングを変更した背景には「クルマ作りを大幅に進化させた新世代モデルであり、イメージを刷新するため」という狙いがあるという。

そんな注目のマツダ3をドライブする機会を得たので、その印象をお伝えしたいと思う。

【次ページ】ファストバックの後席は見た目の印象ほど狭くない